らぁめん山と樹@高円寺 つけめん(醤油)

環七沿いにオープンし早くも人気店の仲間入りを果たした感のある

miyazawa.blog.houyhnhnm.jp

山と樹。

2度目の訪問時に

つけ麺はじめました

の看板が目に入り、つけ麺をオーダー。

9分ほどで着丼です。f:id:hynm_miyazawa:20170504172030j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170504172034j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170504172045j:plainつけめん(醤油)¥850-

麺は注文のたびに手もみしてた、石臼引き全粒粉入り。

見るっからにつけ汁との相性が良さそうな麺。

つけ汁には大ぶりの煮豚と2種類のネギ。麺をくぐらせる前に、まずはお決まりの麺だけでいただく。

小麦が強く香りいい麺だなぁ、らぁめんの時にも思いましたが、ここの麺すごく好きです。シャバっとしたつけ汁にくぐらせれば予想通りのつけ汁との相性。

そして、大ぶりの煮豚、うまいなぁ。やらかくて味付けもかなりの好みです。

塩もあるからそっちもチェックしなくちぇね。

スープ割まで完食しませんでしたが

大変おいしゅうございました。

 

らぁめん山と樹

杉並区高円寺南5-21-7 107

03-6383-1773

 

渡部君久しぶり行きたいね!

 

ロックンビリーS1@塚口駅尼崎市 元祖昆布水のつけ麺

miyazawa.blog.houyhnhnm.jp

尼ロックからのつづきです。

予めオーダーしておりました、元祖昆布水のつけ麺をお願いしますとお声掛け。

10分ほどで着丼です。

f:id:hynm_miyazawa:20170126122030j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170126121835j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170126122033j:plain

元祖昆布水のつけ麺 ¥1,000

元祖というネーミング、店主の姿勢が伺えて僕は好きです。

トリュフオイルと昆布水、これらを使用するお店確かに増えてますもんね。

それ以上は語りません。

昆布水に浸かっただけでも本当に美味い、チュルチュルっといくらでも啜れるます。

鶏の旨味がギュンギュンに出たつけ汁との相性も言わずもがな、思わず光悦の表情になっている自分がいました。

昆布水によってちょっとずつ味変してくのも楽しめるのがこのつけ麺の長所でもありますよね。

どのタイミングでレモンを絞ったり薬味を投入するのか、食べるのを楽しめる一杯だと思います。

スープ割まで完食しませんでしたが、

大変おいしゅうございました。

 

ロックンビリーS1

兵庫県尼崎市塚口町3-29-13

 

全国麺行脚したいなぁ

ptarmigan(ターミガン)と読みます

Ray's Storeに面白い商品が入荷しているのでご紹介。

 

ptarmigan 

ターミガン

と読みます。

 

2017AWシーズンから本格的に始動するブランドで、

1stデリバリーとしてサンダルとシューズが1型ずつ入荷してきました。

f:id:hynm_miyazawa:20170713151716j:plain

 

f:id:hynm_miyazawa:20170713151725j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170713151910j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170713151828j:plain

シューズは90年代のair walk とか simple っぽい感じ。

f:id:hynm_miyazawa:20170713151517j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170713151539j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170713151548j:plainサンダルはビートニックを思わせるデザイン。

どちらもカタチ自体はベーシックなんだけど、

ダイヤルアジャスター搭載ってのがこういうインディペンデントなブランドでは珍しくていいですね。

 

 

下記弊社桝谷ブログから引用。

ptarmigan(ターミガン)

永きに渡り、多くの人々に愛され続けている伝統的な機能とデザイン。

その理由をより理解するように努め、最大の敬意と感謝の意を込めて少しだけアップデートさせた靴を展開するptarmigan(ターミガン)。

ptarmiganは、品質にこだわり、全ての工程を日本国内で行っています。

 

もう見た目がヤバイ。

展示会で一目見たときから決めてました。

とは、桝谷の弁。

僕もその通りだと思います。

 

お問い合わせも多くいただいておりますので、

興味ある方はお早めに。

 

Ray's Store

目黒区上目黒2-44-8ロカーサ上目黒1F

03-5768-4288

ロックンビリーS1@塚口駅尼崎市 尼ロック

知ってる人は知ってると思いますが、

とある有名店店主が相模原→町田→赤坂を経て、尼崎で素晴らしいラーメン店を営んでいます。

1130着で店内待ち有。

尼崎でも人気店の様子がうかがえますね。10分ほど待って着席。

f:id:hynm_miyazawa:20170126120455j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170126120459j:plain

尼ロック ¥900

醤油の高貴な香りと鶏の旨味、そして、鶏油。鶏油が最後にこのスープを高みに仕上げてくれる。

鶏の旨味を最大限に引き出した一杯は、ゼロ年代後半オープンのラーメン店とその後のシーンに多大なる影響を与えた一杯と言っていいでしょう。

ポーションでカメのバラチャーシューと穂先メンマに葱2種類。

シンプルなんだけど強い主張、シンプルだからそこ強い主張。

相模原時代のお店で食べたことはなかったけど、町田赤坂時代に通っていた自分としてはとても懐かしい気持ちになりました。

スープまで完食しませんでしたが

(元祖昆布水のつけ麺につづくので)

大変おいしゅうございました。

 

ロックンビリー

兵庫県尼崎市塚口町3-29-13

 

元祖昆布水のつけ麺につづきます。

 

麺尊RAGE@西荻窪 軍鶏そば

ある日の日曜日。

西荻窪にある麺尊RAGEを訪麺。この日以来だからまぁまぁ久しぶりの放麺ですね。その間にビブグルマン取ったりと飛ぶ鳥を落とす勢いでお店の評判はウナギのぼりでございます。

10:30到着で2番目。待っている間位にメニューが渡され、軍鶏か煮干か迷いましたが軍鶏をチョイス。定刻通りにお店が空き、カウンターに着席。

5分ほどで着丼です。

f:id:hynm_miyazawa:20170423110047j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170423110051j:plain軍鶏そば¥800-

丼から立ちこめる醤油の芳醇な香り、食欲をビンビン刺激してきますね。

スープは一切の雑味無く、鶏の滋味深さを感じます。クリアなんだけど奥行きもあるし、それでいてまろやか、物足りなさは皆無です。素材のポテンシャルの引き出し方が素晴らしいのでしょう、醤油ダレとスープのバランスも良いなぁ。

麺は細麺でザクッとした食感、スープとの相性も素晴らしい。

2種類の低温調理チャーシューと穂先メンマ、カイワレの下に少々のネギ、これ以上でもこれ以下でも無い構成も抜群だと思いました。

スープまで完食しませんでしたが

大変おいしゅうございました。

 

麺尊RAGE

杉並区松庵3-37-22

twitter.com

 

つけめんも気になりますね!

MENSHO 薩摩天然温泉水使用 潮らーめん西京漬味玉トッピング

昨年の暮れに護国寺にオープンした、MENSHOを訪麺。

ラーメンクリエイター庄野氏が手掛け、フリークの間では早くから話題にあがってましたね。

日曜日の昼前でタイミングよく待ち無く入店でしたが、その後はひっきりなしに来客があり外待ちも発生。昼のみの営業なのでややハードル高めです

店内は心地よい音楽が鳴り、ガラス張りの製麺室には英語で色々と書いてあります。店名や店の内装から海外からのゲストや世界に目を向けている感じが伝わりますね。

カウンターに着席し、メニューに書かれた素材に関するテキストを読んでいると時間があっという間に過ぎます。

f:id:hynm_miyazawa:20170402120831j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170402120843j:plain

薩摩天然温泉水使用潮らーめん¥1,000-西京漬味玉¥150-

麺は自家製臼引き粉30% 国産小麦春よ恋とゆめちからを70%配合した自家製麺、

スープは宇和島産真鯛、北海道産の真昆布とホタテから旨みを抽出しているそうな。

朝〆の鶏のタタキ、若芽の中心部分はメンマの代わりに。

丼、否、器の縁には

f:id:hynm_miyazawa:20170402120835j:plain縁には炭化したネギを纏わせたホタテの貝柱、味の引っ掛かりにカラスミを添えてます。

f:id:hynm_miyazawa:20170402121058j:plain

別皿で頼んだ西京漬味玉。これも大変美味。飲みこむのが惜しい。

ラーメンは素材の旨味を生かした重層的な味わいで素晴らしい。もはや、和食の世界。麺料理。

今後こういったお店、ますます増えていきそうですね。

 

って事で

f:id:hynm_miyazawa:20170402122043j:plainスープまで完食。汁完。

大変おいしゅうございました。

 

MENSHO

 

女性の方や海外からのゲストの方にも受けがいいかと思いますので、

そういうシーン利用するのもありかと!

 

 

RacalのHATの話

ショーグンことBEAMSの和田さんがご自身のブログで

RacalのHATに関する記事をアップしてくださいました。

 

www.beams.co.jp

和田さん、どうもありがとうございます!!!

このブレードの飴色の色味もメチャクチャ綺麗でうっとり惚れ惚れしちゃいます。

 

さらに。

店頭にはこのブレードと同じタイミングで発掘した

デッドストックの花麦を使用したカンカン帽も並んでおります。

f:id:hynm_miyazawa:20170615104521j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170615104543j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170615104553j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170615104608j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170615104638j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170615104700j:plain全て¥37,000 + tax

いいモノは高いんです。

まぁ、それでもこの希少な素材(質の良い花麦自体も全然取れなくなってきてます)

を使用してこの作りでって考えたら、むしろお得感すら感じますね。

是非店頭で手に取って見ていただきたいですね。

 

お問い合わせはRay's Storeまで。

03-5768-4288