限定煮干し 麺LABOひろ@学芸大学 

五本木の麺LABOひろへ。

限定の淡麗煮干提供していたので、煮干をポチリ。待つこと10分ほどで着丼です。

 

f:id:hynm_miyazawa:20170703144702j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170703144706j:plain煮干し¥値段は失念(1000円だったかな)

ご厚意の味玉に感謝ですm(__)m

さらっとしたスープにじわじわ寄せてくる煮干の香りと旨味。

津軽海峡は荒ぶってないけど、苦みや雑味を感じない煮干の感じは万人受けしそうで美味です。

全粒粉入りのモチモチした麺とも高相性です。

チャーシュー3種類と紫タマネギとネギ、柚子皮で彩りも鮮やか。

もはや、和食の域だよね。

って事で

f:id:hynm_miyazawa:20170703145735j:plain

スープまで完食。汁完。

大変おいしゅうございました。

 

麺LABOひろ

目黒区五本木2-51-5 

050-5593-3741

 

業界最高権威TRYラーメン新人大賞

おめでとうございます。

味玉醤油の旨味ソバ 皮ワンタントッピング Tombo@吉祥寺

9月のオープン時に話題をさらった井の頭通り沿いのTomboに行ってきました。

こちらの店主は元旦の環七イズムを指揮し独立された方。

あの和泉通りの地雷源を知るモノとしては期待に胸膨らんじゃいますよね。

井の頭通りを西へ進み、夜の部スタート20分前でPPゲット。その後後列客も列にジョイントし、時間通りにオープン、券売機で食券を購入し、固麺発注し4分ほどで着丼です。f:id:hynm_miyazawa:20170924173718j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170924173724j:plain

味玉醤油の旨味ソバ 皮ワンタントッピング¥980-

スープを一口。

うん、わかるわかるぞ、和泉通りを思い出すこの地雷源の感じ。

カエシと出汁のバランス、香味油、バランサーなんだけど、出汁が厚め、美味しいスープいです。

麺はシンジゲート製かな?啜り心地よし、麺とスープもあいますね。

スープまでは完食しませんでしたが

大変おいしゅうございました。

 

Tombo

武蔵野市吉祥寺南町4-16-12 リトハイム 101 

0422-77-7590

 

次は潮とつけも食べてみたいです。

味玉つけめん くり山@白楽

横浜方面に用事があったので、ついでに白楽で途中下車。

商店街を抜けて、店前に行くと結構な行列。にんきあるもんなぁ。

18番目にジョイントして待ちます。

食券を購入するのを促され食券購入、しばらくして入店。1時間ちょっとくらいでしょうかね。カウンター角に陣取り待つこと10分ほどで着丼です。

f:id:hynm_miyazawa:20161218140757j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20161218140714j:plain 

f:id:hynm_miyazawa:20161218140741j:plain

味玉つけめん¥900-

ボリューミーでもっちもちのパワフルな麺に濃厚つけ汁の組み合わせ。

好きだわぁ。

豚魚は期待を裏切らない。

巷にあふれる

またおま系(豚魚つけめんブームの時に、またおまえもかとため息を漏らすフリークが後を絶たず、そう名づけられた)

とは一線どころか二線三線を画す味わい。

本当に美味いです。

あっという間に麺を完食。

スープ割を堪能。

スープ割まで完食できませんでしたが

大変おいしゅうございました。

 

くり山

横浜市神奈川区六角橋1-17-29

045-421-0537

 

並び覚悟で是非。

 

 

二郎さんのカレー 新宿で食べられます

Ray's Storeを週2でお手伝いしていただいている二郎さん。

ちょっと前までフイナムでもカレーブログを担当されてたので、

ご存知の方も多いかと思います。

その二郎さんの作るカレー、新宿で食べられますよ!

場所は二丁目の男星食堂にて、

11/10からスタート!

試験運転の1ヶ月として、毎週金曜日の11:30より2時半までのランチタイム

限定20食のみ!

詳しくはこちらから。

f:id:hynm_miyazawa:20171101193927j:plain

※画像はブログより拝借。

 

星男食堂×Spicehut 担当:小林 

新宿区新宿2-6-8小沢ビル1F TEL 03-5379-6077

 

マぢで二郎さんのカレー旨いんで、是非行ってみてください!

醤油ラーメン味玉トピ かしわぎ@東中野 

 塩ラーメンからのつづきです。

f:id:hynm_miyazawa:20170730150533j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170730150538j:plain

醤油ラーメン味玉トッピング¥780-

基本的な構成は塩と同じです。

2種類のチャーシューと、穂先メンマ、ネギ、それらがやや黒強めのスープとのコントラスト強めの画を描きます。

スープは醤油の味がかなり立って、それから出汁の旨味がやってくる感じ。

濃口醤油を使用した、独特の仕上がり。このあたりに非凡なセンスを感じます。

合わせる麺は

って事で、

f:id:hynm_miyazawa:20170730151341j:plainスープまで完食。汁完。

大変おいしゅうございました。

 

かしわぎ

 

今日はこれからつけ博最終日乗り込みますよ!

塩ラーメン かしわぎ@東中野

今年オープンした話題の新店、東中野のかしわぎを訪麺。

店主は野方の今川にいた方で、今川の閉店後、

都内の某店で働き、その後この春にこちらをオープンされました。

当初は昼のみの営業ということでハードルが高かったのですが、現在は夜営業もやっているので、だいぶ行きやすくなりましたね。

自分は日曜日の昼に訪麺し、6名ほどの待ち。

列にジョイントし、10分ほどで入店し、食券を購入、当然ながら塩と醤油の連食。食券を渡してさらに10分ほど座って待ちます。店内にも椅子があり座って待てるのはありがたい。

ほどなくして、カウンターへ案内され着席。

待つこと5分ほどで着丼です。

f:id:hynm_miyazawa:20170730145636j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170730145640j:plain

塩ラーメン¥680-

2種類のレアレアチャーシューと刻まれたネギ、穂先メンマ、美しいビジュアル。

綺麗な油膜の層の下には透き通ったスープ。

豚清湯と貝出汁を合わせたスープ、じわりじわりと効いてくる優しい味わいです。

鶏清湯が全盛の今、豚清湯スープって珍しい。

そして、麺は京都の麺屋棣鄂謹製。

なのに、このCPの高さ。

コストどうなってるのか教えてもらいたいです。

レアレアな2種類のチャーシューもジューシーで旨し。

って事で

f:id:hynm_miyazawa:20170730150408j:plain

スープまで完食。汁完。

大変おいしゅうございました。

 

かしわぎ

中野区東中野 1-36-7古島ビル1F

 

醤油につづきます。

飯田商店 つけめん

わんたん入り醤油らぁ麺の次はつけめんを。

まずは、スダチ酢、海苔、お塩の三者の神器から卓に届かられます。

これらを使ってカスタマイズしながら食べるのがここのセオリー。

f:id:hynm_miyazawa:20170820112359j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170820112405j:plain

 

f:id:hynm_miyazawa:20170820112337j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170820112341j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20170820112536j:plain

つけめん¥1,000-

麺は昆布水に浸かってます。

まずは麺だけで啜って旨し。

塩を付けて旨し。鶏のつけ汁にくぐらせて旨し。

飯田商店はつけめんを食うべし!

っていう人が多いのもうなずける。

この昆布水のつけめんのルーツは

miyazawa.blog.houyhnhnm.jpこちらにあり。

ラーメンも修行先とか、どこの製麺とか色々掘ると食べる以外の楽しみもたくさんあります。

後半はスダチ酢で味変してフィニッシュ。

スープ割も堪能。

汁完はできませんでしたが

大変おいしゅうございました。

 

飯田商店

 

これからの時期は飯田商店してから

箱根に泊まって温泉でゆっくりっていうのもアリカな!