2017年 今年1番の一杯は?

2017年は今日で仕事納めです。

本年もまさひdiaryにお付き合いいただき

誠にありがとうございました。

 

今年一番の一杯なんてタイトルつけながら、

一番なんて選べない。。。

なので、今年の5傑をチョイスしました。

 

飯田商店@湯河原

f:id:hynm_miyazawa:20170820112405j:plain

miyazawa.blog.houyhnhnm.jp年明けの情熱大陸の一発目はここ。

 

八咫烏@九段下

f:id:hynm_miyazawa:20170811124851j:plain

miyazawa.blog.houyhnhnm.jpエリアのシオちゃんも大絶賛。どこぞのラヲタと間違われてるらしい。

これ食べてからのスピッツライブではひろきくんにもあえて嬉しかった。

 

丿貫@館内

f:id:hynm_miyazawa:20170806120610j:plain

miyazawa.blog.houyhnhnm.jp

牡蠣和え玉も旨し。

これ見てからのミスチルはやっぱミスチルでした。

 

楽々@大阪郡津

f:id:hynm_miyazawa:20170319111338j:plain

miyazawa.blog.houyhnhnm.jpラーメンじゃねーのかよ!

って言われそうだけど、ここのうどんマジでやばかったのチョイスさせてもらいました。

これ食べてからのガンバ戦@吹田スタジアム

ほぼレッズが支配してたけど1-1ドロー。

見やすくていいスタジアム。

 

f:id:hynm_miyazawa:20170319171105j:plain

 

 

オランダ軒@東岩槻

f:id:hynm_miyazawa:20170219112838j:plain

miyazawa.blog.houyhnhnm.jpチャーシューメンとか滅多に食べない自分がチャーシューメンですからね。

肉旨かったです、麺征はやはり楽しい。

 

そして、個人的には

f:id:hynm_miyazawa:20171128111159j:plain

miyazawa.blog.houyhnhnm.jp

2017年一番うれしかった説。

 

そして、2016年よりも1つだけですが、

ブログエントリーを多くできて良かったです。

 

さて、

Ray's Store
年内 12月28日16時まで営業
年始 2018年1月3日12時より初売りスタート

オンラインに関して

28日0時にSALEスタートです。

 

RayLine&Co.は

年始 2016年1月5日14時より営業

となります。

今年も1年間どうもありがとうございました。

2018年も変わらぬ温かいご支援の程、宜しくお願い致します。

 

それでは、皆様よいお年をお迎えください。

 

 

 

煮干らぁ麺 麺屋さくら井@三鷹

三鷹の麺屋さくら井を訪麺。

昨年の11月のオープン以来、三鷹の地で確実にファンを増やし、住宅街なのに毎日行列ができております。

今年よく食べたお店の一つですね。f:id:hynm_miyazawa:20171102143354j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20171102143356j:plain

煮干らぁ麺¥800-

何種類もの煮干から旨みを抽出したスープ。

三河屋製麺の細麺が合わないわけない。

レアなチャーシューもここのウリの一つです。

f:id:hynm_miyazawa:20171102143826j:plain替え玉¥200-

少量のスープとタレで絡めて。

煮干頼んだらマストで替え玉は頼みたいです。

最初はこのまま食べて、卓上の胡椒をパラリ、最後はスープにドボンです。

 

スープまで完食しませんでしたが

大変おいしゅうございました。

 

麺屋さくら井

 

発売中のSENSEで

業界麺マニア宮澤&小太郎のラーメンパトロール

という連載を書かせていただいておりまして

(※僕はマニアではないのですが、そこはいろいろな事情があり大目に見てやってください。)

f:id:hynm_miyazawa:20171226180826j:plain

さくら井の醤油らぁ麺を紹介しているので

是非チェックしてみてください!

次号、小太郎君のチョイスが楽しみです!

 

牡蠣味噌スパイスそば 潮くろ㐂@浅草橋

特製潮そばからのつづきです。

あらかじめ食券を渡していたので、汁完後3分ほどで着丼。

f:id:hynm_miyazawa:20171208110834j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20171208110837j:plain

牡蠣味噌スパイスそば¥1,000-

手前からベーコンのようなチャーシューにまかれたのはローストトマトと牡蠣のオイル漬け、パクチー、箸休めとして紫キャベツのコールスロー

スパイスの事は無知なので詳しいことはわからないですが

クミンなどのスパイスを使用したカレーみたいなスープなので、パクチーは当然合いますよね。

さらに箸休めとしての紫キャベツのピクルスがめちゃくちゃいい働きをしてくれます。

麺は幅広の平打ち麺、まぁ、このスープに合わないわけがないです。

麺をあっという間にペロリ平らげ、白米でもぶち込みたい気分でしたが

腹パンにつき終了。

スープまで完食しませんでしたが

大変おいしゅうございました。

 

潮くろ㐂

 

金曜日の浅草橋商談が増えること間違いないです!

 

特製潮そば 潮くろ㐂@浅草橋

浅草橋の名店くろ㐂の金曜日のみ営業の潮くろ㐂へ。

10:30着で外待ち8名ほど。

並んでいると食券を買うように促されて入店、連食OKか確認し、特製潮そばと牡蠣味噌スパイスそばをポチリ。

15分ほど待って入店し、潮そばからお願いしますとコール。

待つこと10分ほどで着丼です。

f:id:hynm_miyazawa:20171208105155j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20171208105208j:plain特製潮そば¥1,300-

まず、見た目やばいっしょ?何このビジュアル。

手前左手からホタテのような貝は、、、名前失念。

その奥はアサリと玉葱のしんじょう、

右手の九条ネギの上に低温調理の豚ロース、

その上にちょこんと添えられている味変用のソース、、、名前失念、このソース、ミントみたいな清涼感があってが劇的な味変アイテムでした。

その奥に大ぶりのわんたんと、とんでもないトッピングの構成となっておりました。

スープは押し寄せる貝の旨味、平打ち麺がスープに絡むっていうか、当たり前のように熟年夫婦のようにスッと寄り添ってました。

去年くらいから1000円超えラーメンがシーンのキーワードになってるけど、この一杯はそのハードルを余裕で超えてったて感じです。

さすが!

って事で

f:id:hynm_miyazawa:20171208110004j:plainスープまで完食。汁完。

大変おいしゅうございました。

 

潮  くろ㐂

※金曜日のみ営業なのご注意

次回牡蠣味噌スパイスそばにつづく。

 

 

 

 

 

鶏そば(醤油) 麺LABOひろ@五本木

TRY新人賞受賞の麺LABOひろへ。

タイミングよく待ち無く入店し、笑顔のひろさんにひろさんに

おめでとうございますと伝えることが出来ました。

食券を購入し、ひろさんとしばし談笑、

ここでは書けない色々な裏話を聞くことが出来ました。

して、待つ事5分ほどで着丼です。f:id:hynm_miyazawa:20171218141603j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20171218141606j:plain

鶏そば(醤油)¥900

着丼前から立ちこめる柚子皮と鶏の香り、メチャクチャいい匂いです。

スープ、うめー、前よりもさらにうまくなってる!

バランスが良くなったのかな?

鶏のチャーシューはスッと歯が入りしっとりなめらか、ピンクの低温調理チャーシューもメチャクチャ美味い。

実山椒が相変わらずナイスアクセントになってます。

上田さんおススメのTKGにありつけなかったのが残念です。

スープまで完食しませんでしたが

大変おいしゅうございました。

 

麺LABOひろ

目黒区五本木2-51-5

050-5539-3741

 

f:id:hynm_miyazawa:20171218141131j:plain

エリアのエースにも満足してもらえて良かった!

中華そば 名前のない中華そば屋@幡ヶ谷

幡ヶ谷にある名前の無い中華そば屋を訪麺。

ルーツは東池袋大勝軒にあるそうな。

12:30着で店内待ち5名、その後後列続々だったの、いいタイミングで入れました。

20分ほど待って着席。

中華そば固麺でコール、前金制なので1000円札をカウンターにあげて

5分ほどで着丼です。

f:id:hynm_miyazawa:20171216125726j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20171216125732j:plain

中華そば¥780-

でかめの丼に自家製の麺がたっぷり330g。

この麺が旨いんだよなぁ、固めの茹で加減も自分の好みですごい好き。

チャーシューはスープに脂が溶けてホロホロしてるタイプ、このチャーシューも自分好み、しかも超大判で食べごたえあります。

メンマも穂先のふっといのが4本くらいどかどかどかっと。やらかくてスープを吸って旨い。

スープは動物系のどっしりとした存在感に節を中心とした魚介がふんわり香ります、

決して新しくはないんだけど、好感が持てるよなぁ。

これ嫌いっていう人とは仲良くでき無そう。

あっという間に、と言いたいとこですが、330gって結構あるので、時間をかけてゆっくり味わって麺を完食。

スープまでは完食しませんでしたが

大変おいしゅうございました。

 

名前のない中華そば屋

渋谷区幡ヶ谷3-16-3

 

次はもりそば行ってみようかな。

煮玉子醤油中華そば 手打式超多加水麺ののくら@亀有

の余韻に浸りながら、待つ事6分ほどで煮玉子醤油中華そばの着丼です。f:id:hynm_miyazawa:20171209115039j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20171209115041j:plain

煮玉子醤油中華そば¥850円

店主さんのtwitterによると、出汁よりも醤油を押し出した一杯だそうで、

たしかに塩と比べると醤油が前面に押し出されている印象。

こちらのスープにも手打の超多加水麺(55%前後で日によって変えているそうな)がよく合います。

ちゅるちゅる、もっちもちのみずみずしいやつ、

つけ麺とか始めたら是非食べてみたいです。

スープまで完食しませんでしたが

大変おいしゅうございました。

 

twitter.com

 

1回の調理で2杯ずつしか作らないので、時間に余裕があるときに行ってみてください。