宅麺 びぎ屋 Ray's Store5周年 宮澤まさひで監修醤油らーめん

「家に帰るまでが遠足」

とは校長先生が言ったもんですが

「着丼するまでが5周年」

と心に決めてましたが、ようやくそれをすることができました。

 

スープを入れる前から丼をお湯で温めて

味玉もお湯で温めて

美味しく食べるための努力は惜しみません。

固めであげて、盛り付けて着丼。

f:id:hynm_miyazawa:20141006233402j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20141006233405j:plain

宮澤まさひで監修醤油らーめん プライスレス

お店同様、チャーシューとメンマは2種類、ネギは白ねぎと九条ねぎの2種類とのりを加えました。

味玉の盛りつけは180度くるりと回した方が美しかったですね、次回に活かそうと思います。

自宅でびぎ屋の味を楽しめるなんて、素晴らしい時代が来たもんです。

って事で

当然スープまで完食。汁完。

f:id:hynm_miyazawa:20141006234016j:plain

大変おいしゅうございました。

 

作った方ならわかると思うんですが、

スープの袋を開けた瞬間

ぶわっと広がるあの素晴らしい香り、たまらんかったです。

めっちゃいい匂い!思わず叫んだ人自分だけじゃないはず。

ご協力していただいたびぎ屋張廖さん、本当にありがとうございました。