蔦の葉 醤油そば

今年の新人王候補は?

巷じゃその話題でもちきりな今日この頃、新人王候補の一つに絶対挙げられるであろう蔦の葉をようやく訪麺。

土日祝日11:00オープンなので、気合入れて10:30シャッター。30分弱まって定刻よりやや早めに開けていただけました。ありがたいありがたい。

左上の法則に則り、まずは左上の醤油そばをポチリ。それと、2杯目の鯵煮干そばもポチリ。どっちからがいいですか?と聞くと醤油ですかね、とのお答えなので、ではそれでお願いしますと。待つ事5分ほどで着丼です。

f:id:hynm_miyazawa:20141018110929j:plainf:id:hynm_miyazawa:20141018110934j:plain

油そば¥750-

蔦のDNA引き継ぎまくりのビジュアル、美しいです。雪舟みたいな世界観、わかります?わかる人にゃわかるよね!

スープを一口、美味いわぁ。長野県産の生醤油はゆっくりじっくり火入れしてるんだろうなぁ、鴨と煮干がそこに生きてるかの如く滋味深い味わいです。

麺は蔦本店でうった自家製麺、しなやかで舌へのアプローチが物凄いシルキータッチ。

スープとの相性も素晴らしい。

デフォで、チャーシュー2枚、大ぶりメンマ、三つ葉、刻んだタマネギ。肉の食感を楽めますよ。対照的にメンマは柔らかく繊維1本1本まで味の染み込み方が素晴らしいです。そして、三つ葉とタマネギがスープにいいアクセントを与えてくれるので、味が単調になることなく最後まで楽しめる。

さすが、蔦ブランドです。

って事で

f:id:hynm_miyazawa:20141018112136j:plain

スープまで完食。汁完。

大変おいしゅうございました。

 

豊島区巣鴨4-24−6富士ビル 1F

03-3916-7115

 

鯵煮干そばに続きます。