読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金色不如帰 鴨脂と蛤の細つけそば

塩中華からのつづきです。

あらかじめ買っていた鴨脂と蛤の細つけそばをコール。待つ間に塩中華のスープを堪能していました。

して、5分ほどで着丼。

f:id:hynm_miyazawa:20150124192523j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20150124192529j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20150124192536j:plain

鴨脂と蛤の細つけそば¥900-

まずは麺だけでいただく、もはや基本です。
できちんと冷水で〆られている麺。この〆る手間というのは本当に大切な仕事で、これをきちんとすることで、麺の香り、舌へのタッチ、啜り心地などの細かなディテールがはっきりわかるようになりますね。
つけ汁の表面。
鴨脂が、今か今かと麺を待ちわびてるので、焦らさずに麺をくぐらせてあげましょう。待ってましたと言わんばかりに、細麺をまとうつけ汁、ねぎと三葉も絡んできます。非加熱丸大豆醤油の香と鴨脂が合わさった上品で気高い味わい、美味いです。2杯食べて正解でした。
って事で

f:id:hynm_miyazawa:20150124193205j:plain

 スープ割せず、そのまま完食。汁完。
大変おいしゅうございました。
 
 
次の展開が待たれますね!?