読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉悦処 似星 限定イサキの貝の冷製麺 遊び飯

煮干からのつづきです。

スープをゆっくりと堪能させていただきながら、「限定お願いします」と、コール。f:id:hynm_miyazawa:20160508194045j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20160508194053j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20160508194111j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20160508194123j:plain

f:id:hynm_miyazawa:20160508194118j:plain

イサキの貝の冷製麺と遊び飯¥1,200-

長崎産イサキのタタキが全粒粉入りの麺に添えられて、さらにメネギが鎮座します。彩もいいですね。

まずは、この身からパクリ、脂が乗っててやらかくてうまい。

千葉県産ハマグリ

鳥取産シジミ

とメインのイサキから取った冷たいつけ汁、そのお供の薬味は大根おろし、ネギ、大葉、海苔、梅のペーストかな?たくさんの薬味でワクワクしちゃう気持ち、わかりますよね?

はやる気持ちを抑えながら、まずは冷たい麺だけでちゅるり。美味いなぁこの麺、低加水でザクッとした食感、この食感すごく好きです。

そして、冷たいつけ汁にくぐらせる、貝の香り強めの醤油味、さいたまダービーで火照った体を冷やすつもりが、興奮してまた火照ってしまって大変でした。

写真4枚目のトマトと鰹出汁のスープがすげー美味い。トマトの酸味と鰹の香り、無限ループで飲み続けられるやつです。前にどこかの飲み屋で食べたトマトのお浸しを食べたのを思い出しました。

遊び飯には焼いたイサキの身とホタルイカがたっぷり添えられてます、遊びじゃないよこりゃ。タタキとはまた違った表情で濃厚な白身にご飯がよく合います。

途中、トマト出汁はつけ汁に加えて、さらに奥行きのある複雑で上品な味わいにアップグレード、麺の量はそこまで多くないのでペロリ完食。

替え玉をしたかったけど、さすがに腹パンで断念。

大変おいしゅうございました。

 

愉悦処 似星

練馬区中村橋2-3-1

 

定期的に通ってまた限定を食べたいお店が増えました。